洗濯洗剤 基礎知識

洗濯洗剤は大きく分けて2種類あります

洗濯洗剤の種類は、大きく分けて2種類あります。それは、弱アルカリ性洗剤中性洗剤です。

ところで、どうして洗濯洗剤はこの2種類に分かれてくるのでしょうか・・・
それは、一般的な汚れは「酸性」が多くその汚れを落とす為に反対のアルカリ性を用いるからです

ただし、アルカリ性がきつくなると衣類の色落ちや肌荒れの原因ともなるので注意が必要です。だから、市販されている洗剤は弱アルカリ性を用いています。
因みに、その値は「pH」で表されます。よく聞きますよねぇ♪

中性(真ん中)をpH7とし、3未満を酸性。12以上をアルカリ性と定めます。

 酸性(pH3未満) 弱酸性(pH3〜pH6未満) 中性(pH6〜pH8未満) 弱アルカリ性(pH8〜pH11未満)  アルカリ性(pH12以上)


弱アルカリ性洗剤の特徴は?

特徴
洗浄力が強力。一般的に界面活性剤や酵素、漂白剤などが含まれ普段着のシツコイ汚れを洗うのに適しています。
注意点
敏感肌の方は、まれに肌荒れの原因ともなりますので使用には注意が必要です。
また、殆どの弱アルカリ洗剤には「蛍光増白剤」が配合されており、淡色の衣類などは真っ白に染まってしまう恐れがあります。(蛍光増白剤とは?
用途
綿・麻・合成繊維などの衣類に適しています。


中性性洗剤の特徴は?

特徴
洗浄力は落ちますが、色落ちし難くすすぎも簡単です。また、オシャレ着用の中性洗剤には衣類を保護する働きもあり、水洗い不可の衣類でも利用可能となっています。
注意点
-
用途
絹・毛・綿・オシャレ着・淡色系の衣類に適しています。


posted by 助さん at 15:20 | TrackBack(0) | 洗濯洗剤 基礎知識

この記事へのトラックバック

知って得する洗剤コンテンツ

--洗濯洗剤 基礎知識--
界面活性剤って何?
汚れを落としやすくする働きが・・・

洗濯洗剤は2種類に分けられる
汚れを強力に落とす洗剤とデリケートな衣類を洗う洗剤とに分かれます

蛍光増白剤とは何?
衣類を傷めず白を補う染料みたいなもの

漂白剤は2種類
2種類の漂白剤。特徴や危険性、そして利用できる素材などにも違いがあります

無添加洗剤(無添加石鹸)とは?
アレルギー体質・デリケート肌の方は知っておいた方が良いかも知れません

炭酸ソーダ(炭酸塩)とは?
強めのアルカリ性助剤。たんぱく質を分解する作用があり、油分の乳化作用も

重曹:洗濯洗剤としての働きは?
洗濯を洗う素材としては、余り期待出来ないかも・・・

セスキ炭酸ソーダとは?
重曹より扱いやすく洗浄力があり、炭酸ソーダほどキツクない素材

酵素パワーって一体何?
たんぱく質の一種である酵素の働きを解説。
酵素とはサポーターの様な存在
--洗濯方法 ワンポイント--
シミにも色々な種類が
自宅で簡単に落とせるシミから、プロに任せたほうがい良いシミまで色んなタイプがあります

衣類のシワを防ぐ方法
チョッとした一手間で衣類のシワを抑えられる

Tシャツを伸びないようにする洗濯方法
チョッとした一手間でTシャツの伸びを抑えられるんです

洗浄力を高める方法
チョッとした下準備をしておくと洗い上がりに違いが出てくるかも・・・

洗ったのに生乾きの臭いが・・・
いつもの洗濯で酸素系の漂白剤を使ってみると良いかも知れない

バスタオルのゴワゴワを何とかしたい!
あのフワフワ感を復活させる方法。それは意外とシンプルなんです

洗濯は洗う前から始まっている
その洗濯物。知らず知らずに雑菌を培養しているのでは?・・・

黒かびを何とかしたい!
洗濯槽にこびれ付いた黒かびを取る方法。
一度では無理!2・3度試す位で・・・

スポンサードリンク




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。